映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2017-06
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quantum of Solaceを見てきたよ

IMG00606.jpg

Quantum of Solaceを見てきたよ

35歳にもなっちまったおいらを公開日に劇場へ走らせるのはジェームズ・ボンドぐらいになっちまった(笑)

見ましたよ。22作目の007。いやー、最高。
何が最高って、「復讐モノ」なんだな。これが。
ご存知のとおり、俺は復讐フェチ。ど直球でストライクゾーン!って感じ。

悪人顔だのサル顔だののバッシングを跳ね返して「カジノ・ロワイヤル」で最高級のボンド像を叩きつけてくれた漢・ダニエルクレイグ、今回もやってくれた。ここまで怖いボンドはいなかったね。怒りっぱなし。激怒のボンド。冷静な顔しててもふつふつと腹の底が怒ってる感じが秀逸。

今回のボンド、Mに逆らってMI6からもCIAからも抹殺指令を出されつつ孤立無援の戦いを繰り広げる。思ったんだけど、「24」のジャック・バウアーしかり、「ダークナイト」のバットマンしかり、孤立無援になったり、悪にされちゃったりするヒーロー物が最近のトレンドだね。ヒーロー物のダーク化。これはきっと現実社会が複雑化しちゃって何が正義で何が悪なのかわからない巨大な灰色になっちゃったってことの表れだと思う。実に怖いことなんだけど、活劇の作り手としてはエキサイティングな時代だとも言えるね。
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

いいなぁ

邦題「なぐさめの報酬」
日本では来年1月公開みたいですが、演者が変われど小学校時代から憧れの男性ポンドさんの私としては羨ましい限りです。前作カジノロワイヤルの続編みたいな感じらしいですね。楽しみデス。
悪について必要悪、悪があるから善がある。前後左右、マルとバツ、白と黒(光と影)みたいな様々な考えがありますが
最近は多数決で賛成が多い方が善みたいな世の中になってしまった気がします。

ヒヒさん、コメントありがとうございました。

>最近は多数決で賛成が多い方が善みたいな世の中になってしまった気がします。
なるほど。深いです。そうかもしれないですね。
多数が善と思っていることが実は悪ってことも横行していて・・・怖いなぁ。

今回の邦題「慰めの報酬」、何十年ぶりにカタカナじゃないボンドタイトルだそうです。かっこいいですね。「慰めの報酬」。今作のハードボイルドな感じにぴったりです。

「カジノ・ロワイヤル」の終わりから始まる完全な続編です。前作を復習してから見に行くとさらに面白いかもしれません。

ヒヒさん、もし良ければ
km@kurandomitsutake.com
にメールください。

もっとお話しましょう!

ヒヒさんへ

ヒヒさん、
メールありがとうございました!
返信を送ったのですが、PCからのメールを受信不可の設定にしてあるようで戻って着てしまいました。
お手数ですが他のメアドを教えていただくか、または携帯メールの設定を変えていただけますか?
すみません!宜しくお願いします!

ごめんなさい

携帯の設定をみてかえてみます。今パソコンが死んでるので…。お待ちくださいね。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://kurandom.blog79.fc2.com/tb.php/99-4dd31041

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。