映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2017-04
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Weekend of Horrors

ドイツのファンタスティック系映画のファン・コンベンション「The Weekend of Horrors」に出席してきました。
2011年の初参加以来2年ぶり。今回は、亜紗美と一緒に新作「女体銃/GUN WOMAN」のプロモーションを頑張ってきました!

photo 1-3 111913
出発日。成田にて。

photo 2-3 111913
スカンジナビア航空、コペンハーゲン乗り換え、ドイツ、デュッセルドルフ行き!

photo 4-4 111913
会場外観。もともとは何らかの倉庫だったみたい。レンガ作りがシブい。
今ではコンサートやイベントホールとして使われているらしい。

IMG_0162.jpg
会場内はこんな感じ。

IMG_0164.jpg
マニア垂涎の物販ブースの群れ!

IMG_0168.jpg
亜紗美と僕のブースはこんな感じ。

photo 5-4 111913
新作「女体銃/GUN WOMAN」のドイツリリースを告知!

photo 3-2 111913
こんな感じにサインをしてました。

IMG_0170.jpg
亜紗美と僕のQ&Aコーナー。「女体銃/GUN WOMAN」の良いプロモーションが出来ました!

IMG_0169.jpg
ドイツ映画界の伝説ユルグ・ブットゲライト監督とコンベンション限定版の「サムライ・アベンジャー/復讐剣盲狼」のDVD!
ブットゲライト監督とは、2009年にポルトガルのファンタスポルト映画祭で出会って以来4年ぶりの再会でした。

IMG_0160.jpg
なんと日本からは元祖スーツアクター、ミスターゴジラの中島春雄さんも参戦!
急遽Q&Aセッションの通訳をやらせていただきました。
中島さんのお話を通して、本多猪四郎監督、円谷英二監督の鼓動を感じた至福のときを思いがけずドイツで体験!

photo 4-2 111913
ゲストのひとり、ランス・ヘリクセン氏と亜紗美!

photo 2-2 111913
亜紗美の大ファン in ドイツ!
彼女直筆の名前をそのままタトゥーブースで彫っちゃった!
ガチです。亜紗美もビックリ!

photo 5-2 111913
会場でのランチはもちろんジャーマンソーセージ(笑)
美味かった!

photo 1-2 111913
Q&Aに来てくれたドイツのファンの皆さんと。
本当に温かい応援をありがとう!

IMG_0163.jpg
ほぼ女性ファンゼロのわたくしでありますが、スウェーデンから来てた女の子が「サムライ・アベンジャー/復讐剣盲狼」のブルーレイ、DVD、サントラCDのボックスセットをご購入。
こっちから写真撮らせてって言っちゃったよ(笑)

ということで、とても楽しく有意義なドイツ遠征でした。

さあ、「女体銃/GUN WOMAN」のワールドプレミアはどこになりますやら!
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

おおお

亜紗美さんとヘンリクセン先生のツーショット!
ジャンル映画ファンとしては神棚に飾りたい写真です! ww

エクスタミネーターさま、コメントありがとうございました!なかなか見れないツーショットですよね!撮っててこちらが完全に普通のファン目線になってました(笑)

もしかしてですが…

光武監督、こんばんは。最初の監督と亜紗美さんとの ややワイルドな感じのツーショット良いですな、来年「女体銃」が日本で劇場公開される時は 出来れば 亜紗美さんにも 是非、舞台挨拶とかで 劇場にも来て欲しいですね、ところで、さっき 久しぶりに、セルジオ・コルブッチ監督の「殺しが静かにやって来る」のDVDを見てまして、映像特典で 収録されてた幻のハッピーエンドの映像を見て、あれ?もしや?と気づいたのですが、もう、かなり月日がたってるし、今頃、こんな質問もどうかとは思いましたが…もし、違ってたら ごめんなさい、例の「サムライ・アベンジャー」の最後のシーンで、写ってた主人公の鋼鉄の義手、あれは、もしや「殺しが静かに…」のハッピーエンドの映像の主人公が右手に鋼鉄のプロテクター付けてたシーンのオマージュとか…?ふと、気になってしまったので

通りすがりの観客さま、コメントありがとうございました!「殺しが〜」のハッピーエンディングは知りませんでした!日本版リリースのみ収録でしょうか?でも、コルブッチ監督も「殺しが〜」も大好きなので、確実にDNAは似てると思います!

直筆の名前を刺青に!?
ガチ過ぎる!
と言うかタトゥーブースがある事に驚きました!

青木さん、コメントありがとうございました!すっかり引きこもってしまっていて、自分のブログさえ見てませんでした。すみません!
タトゥーブースがあったんですよー!しかも特殊な入れ墨下書き用のマジックもあって、それでサインを亜紗美にしてもらってその上に墨をいれていくという工程でした。亜紗美も俺も、現地スタッフ一同も、マジか!?とびっくり仰天でした(笑)
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://kurandom.blog79.fc2.com/tb.php/342-1d8d019a

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。