映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2017-09
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁酒法時代レシピ

tr.jpg

酒屋でTempleton Ryeなるバーボンウイスキーを発見。
なんとProhibition Era Recipe(禁酒法時代レシピ)とのこと。

ってことは、アル・カポネたちが密造してた味ってことか!

思わず衝動買い。

お味は、アルコールのニオイがキツく、ライ麦の香りもキツすぎる、まろやかとは正反対の無骨なウイスキー。
正直言ってマズいんだが、でもそれが禁酒法時代レシピには相応しく感じてしまう。

マズくて納得って初めての経験かも(笑)
ちょっとハマってる。

これを舐めながらデ・パルマ監督の大傑作「アンタッチャブル」を観ようっと。
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

マズいと解ってても呑みたくなりますねぇ。(^_^;
で。マジィ!マジィ!言いながら気づけば空に・・・(^_^;
ただ、賞味期限をかなーり過ぎたビールは、不味すぎて全部呑めませんでした。(^_^;(爆!!)

NALUさま、コメントありがとうございます!
まさにそんな感じでついつい飲んじゃってます。
賞味期限切れのビールは、リアルにマズそうですね(笑)

なんかの小説で少年と親父のこんな会話がありました。

少年 「親父、酒って美味いのか?」
親父 「酔う」

ふと、思い出しました。

omukaedethさま、コメントありがとうございました!
酔う!
たしかに!
味よりも何よりもそれがキモですよね(笑)
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://kurandom.blog79.fc2.com/tb.php/314-df4513ff

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。