映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2017-10
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ

NHK BSで放送してた「チャイナタウン」を観た。
凄い映画だ。ポランスキー監督のベスト3に入るよね。
ロバート・タウンのホンも完璧。名ゼリフの宝庫だ。
ジェリー・ゴールドスミスのスコアも絶品。サントラ、もちろん持ってる(笑)
今回、BSのハイビジョンリマスターで観てみて、改めてすげーなぁと思ったのはジョン・A・アロンゾの撮影。
マジックアワー(太陽が地平線に沈んだ後、ちょっとの間まだ空が明るい状態)でワンシーンみたいな贅沢なことを見事にやってるよね。
マジックにこだわってるから、誰かがNG出したら次の日にテイク2って世界でしょ?
豪気だ。
アメリカでも日本でも「チャイナタウン」のブルーレイは発売してないみたいだから、今回の録画はBD保存っす。
NHKさん、ありがとう!

新生グラインドハウス映画として注目されてる話題作「Hobo With a Shotgun」を輸入BDで観た。
わざわざ、グラインドハウスを今やるってことは、ゴミ映画に隠された心意気を復活させるってとこにキモがあると俺は思う。
俺の「サムライ・アベンジャー/復讐剣盲狼」はそれをやろうと志した。

ゴミ映画をゴミ映画として復活させるだけじゃ意味ないよ。
「Hobo With a Shotgun」はそんな映画。
ルトガー・ハウアー御大の存在感と演技力が無理矢理キャラクターに深みを与えてるから何とか最後まで見れるけど、この監督は残念ながら何も分かってないでこのジャンル撮ってるわ。もったいない。
hobo.jpg

「悪魔を見た」を観た。
韓国、すごい。うらやましい。
この内容が大作として製作できること。この内容に大スターが出ること。
日本でもハリウッドでも無理じゃないかな。
男映画、狂気映画を大作として現在製作できるのは韓国とフランスだけってのが俺の個人的見解。
バリバリの復讐モノで俺のツボだった。
演出ヨシ、演技ヨシ、撮影ヨシ、スコアヨシ(サントラ買いました(笑)なんと韓国輸入版がアマゾンで\430!古本かいって値段だった)。
ただ、この話に2時間20分の尺は長かった。20分切れてたら傑作、30分切れてたら歴史に残る大傑作になってたと俺は思う。
isawthedevil.jpg




スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://kurandom.blog79.fc2.com/tb.php/264-7713b7bc

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。