映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2017-06
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・スワン

blackswan.jpg

ナタリー・ポートマンがオスカーを獲った「ブラック・スワン」を見た。
これ、アメリカの観客と劇場で観たかったなー。
きっとブラックコメディ的なリアクションが聞けたと思う。
ポートマンが自室で◯◯◯◯始めたら、かあちゃんが部屋に居た!って衝撃シーン(?)なんかは、大爆笑だったと思うなぁ。
俺は大ウケだった。

ポートマンの熱演は認めるけど、そんなに難しい役ではないよね。基本的に追いつめられるってだけのワンディメンションだから。オスカーは明快な熱演が好みなので、まあ受賞もアリなんでしょう。

でもこんな単純な話、しかもいろんな断片的モチーフが猿真似的(溺愛母親はモロ「キャリー」っぽかったり、全設定がジェニファー・コネリー主演のイタリアンスリラー「エトワール」っぽかったり・・・)な脚本、大監督と大スターがやるって言わなきゃ、絶対成立してなかったよね。

スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

私が今作を観て思い出したのが、今敏監督作の「パーフェクト・ブルー」でした。
内容もアニメでの表現方法もスゴく良くて、今作がそれぐらいの出来だったら良かったのに…
と思いました。
ただ、ナタリー・ポートマンやライバルの姉ちゃんが良かったので、最後まで楽しむ事は出来ました。
主演女優賞は納得でしたね。
でも、帰ってから”「パーフェクト・ブルー」見直したのは言うまでもありません。
こっちは傑作です!未観なら是非!

NALUさん、こちらへもコメントありがとうございます!
「パーフェクト・ブルー」からの影響は、いろんな方が指摘してますね。今度ぜひ観ます!
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://kurandom.blog79.fc2.com/tb.php/258-8426b207

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。