映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2017-10
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回したまちコメディ映画祭

ゆうばり映画祭コンペ同窓生、田中健詞監督の最新作「宇宙家族」が第3回したまちコメディ映画祭で上映されることになり、観て来た。

やっぱり、映画祭は良いなー。
自分の作品が出てなくても、あのお祭り感はクセになる(出てたらもっと楽しいんだけど)。

コンペはかなりレベルの高い10の短編作品で争われた。
田中監督の「宇宙家族」は、いつもの田中カラー(笑)。ゆうばりに出してた「不協和音」もそうだったけど、絶対に予想を裏切る展開がクセになる作風。俺は大好きだった。

「サムライ・アベンジャー/復讐剣盲狼」の上映に俳優の紅井ユキヒデさんと一緒に来てくれた俳優の青木十三雄さんが中年男の哀愁と驚愕の展開を熱演する「おむかえです」も傑作。

俺個人的には、谷坪明英監督の「明日のれるかな」が一番グッときた。
息子が生まれて以来、親と子ネタにはイチコロなんだな。これが。
しかも、親と子ネタ+「ロッキー」ときたもんだ。この映画は。
スタローン至上主義者の俺としてもやられた(笑)

審査員の方々がコンペのジャッジをする間、したコメ映画祭総合プロデューサーのいとうせいこうさん特別推薦作品として、小林でび監督の「おばけのマリコローズ」が上映された。今年のゆうばりでも大評判だったというこの作品、観たかったんだ。
でび監督、大爆発っていう映画。ピュアな恋愛讃歌。必見。
物語の半分以上は、アパート内でストーリーが展開するんだけど、そこで壮大な物語が繰り広げられる。
ブロードウェイさながらのミュージカルナンバーまで登場するんだから。
やっぱ、映画は金じゃないよね。愛と想像力だよ。脱帽っす。
キャストの皆さんがとても素敵な映画。小木曽睦美さんと村永奈緒さんのクライマックスシーンはすごかったね。
おふたりのファンになっちゃった。
おばけとチューしちゃう竹下笳人さんも良かったなー。
そして、32秒の出演でおいしいとこを攫っていく園部貴一さん。さすが。

田中監督のはからいで、関係者のみの懇親会にももぐり込ませてもらっちゃった。
金子修介監督、三留まゆみさんとお目にかかれたのは最高だった。

ということで、第3回したまちコメディ映画祭、とっても楽しませてもらいました。
来年も見に行こーっと。

田中監督と小林監督↓
Shitacome1.jpg

Shitacome2.jpg

スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://kurandom.blog79.fc2.com/tb.php/226-331e431e

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。