映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2017-05
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア滞在記① ファンタスティック・プラネット映画祭

結果発表からいきましょう!

「サムライアベンジャー/復讐剣盲狼」、「最優秀作品賞」と「最優秀特殊メイク効果賞」をW受賞しました!http://www.fantasticplanetfilmfestival.com/2009_winners.htm
インディフェストUSA映画祭につづくグランプリ受賞です!

記念すべき第1回「ファンタスティック・プラネット映画祭」は、オーストラリアやイギリス映画界で活躍する堂々たる面子の審査員たちが顔をそろえたコンペティションでした。
その中でも俺が個人的に感動してたのは、オーストラリアジャンル映画の巨匠ブライアン・トレンチャード=スミス監督が審査員だったこと!
世界的には1975年の監督作品「スカイ・ハイ」(ジミー・ウォングの「燃えよドラゴン」的作品!)で知られるトレンチャード=スミス監督。
個人的には、鬼畜人間狩りアクション映画「スローター・ゲーム」(1981)で大ファンになった映画監督。(あまりの内容にいろんな編集版が存在してて、それぞれに題名が違う超カルト傑作。オーストラリア本国では「Turkey Shoot」、アメリカでは「Escape 2000」というタイトルになってます)

ブライアン・トレンチャード=スミス監督に俺の映画が観てもらえる!
これだけで、俺にとっては最高の経験。
その上、彼が大いに映画を気に入ってくれました!
賞をくれただけでなく、ご自身のブログでも大絶賛。
http://filmindustrybloggers.com/thegenredirector/

「This movie will ship a lot of DVDs and be a favorite on the midnight circuit. Kurando Mitsutake deserves full marks for quite an achievement on an obviously slender budget.」
(この映画は、たくさんのDVDを出荷することになるだろう。そしてカルト映画ファンのお気に入りになるはずだ。光武蔵人は、満点に値する作品を低予算で撮りあげた)
うーん。自分で訳すのが恐縮なぐらいのお褒めのお言葉。ありがとうございます!

「ファンタスティック・プラネット映画祭」http://www.fantasticplanetfilmfestival.com/は、オーストラリア初のSF、ファンタジー、アクション系映画の祭典。映画を心から愛している最高のフェスティバル・ディレクターたちとボランティアたちで運営されています。彼らはホラー映画の祭典「ナイト・オブ・ホラー映画祭」http://www.anightofhorror.com/も運営している南半球ジャンル映画界の台風の目!
ますますの発展と成功を祈ります!

写真 5(7)

写真(9)

Picture 157


スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://kurandom.blog79.fc2.com/tb.php/176-935bd5e0

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。