映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の話④ 半島文化

プチョン国際ファンタスティック映画祭で知り合ったソウル在住20年の日本人映画ライターの方にソウルを案内していただいた。

バスに乗ったり、歩いたり、観光客は絶対行けないローカルな店で絶品サムゲタンをご馳走になったり、自家製マッコリの店に連れてっていただいたり・・・。とにかくディープなソウルを体感させてくださった。
その夜の最後は、壮大なLPレコードコレクションを誇るバーに案内していただいた。紙にリクエストを書くとその曲をレコードでかけてくれる。これはハマった。ビールがどんどん進んだ。古今東西の名曲、珍曲がどんどん出てくる。MJ追悼と称して「スリラー」までかけてもらった。

「韓国の曲をリクエストしてみてください」とライターの方にお願いしてみた。
熱い男泣き系のバラードがバンバン聴けた。
ド直球でツボの曲ばかり。曲名とアーティスト名をメモっていただき、全部CDを買ってきた(笑)

マッチョでセンシティブ。
これが韓国の男性像かな。
ちょっとイタリアに似てる。
そうか。両国ともに半島なのだ。

韓国とイタリア、両方ともメシがむちゃくちゃ美味い。(ニンニクどんどんだし)
そして、両方とも良い映画を撮る。
男泣き映画の傑作が多い。

半島文化の共通点を思い立ち、マッチョでセンシティブな音楽に酔った夜でありました。
今も、들국화にハマっております!

洗面器で出てきたマッコリ!絶品! 買い込んだCD サムゲタン

スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://kurandom.blog79.fc2.com/tb.php/163-97f993b4

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。