映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2012-02
« 1234567891011121314151617181920212223242526272829 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オスカー

年々興味が無くなっていくアカデミー賞ではありますが、今年は嬉しかった。
もちろん俺が何かを受賞したわけではありません(笑)

2011年9月10日のこのブログでも書いたんですが、俺のサンフランシスコ芸術大学時代の恩師ジョージ・クッチャーが去年亡くなりました。
昨日のオスカーのIn Memoriam(追悼)のコーナーでそのジョージがフィーチャーされていました。
george.jpg
最もコマーシャルな映画の祭典が、その真逆にいたような映画作家にリスペクトを示したのはとても感動的で、米アカデミー協会の良心を垣間見た気がします。

合掌。

ちなみに作品賞の「アーティスト」は、古き良きものを慈しむ、心が洗われるような映画です。
こういう作品がフランス発信になってるってところが今のハリウッドの大問題。
ハリウッドでは映画を愛していないし知らないプロデューサーが暗躍して、原作もの、リメイクものの嵐。
20年後にリメイクされるような作品を撮ったるぜ!という気概のあるプロデューサーが出てきてくれれば、ハリウッドも復活できると思うのですが・・・。
どこかの国の映画業界も似たような(下記自粛)。

ところで、WOWOWさま。
クッシャーじゃなくてクッチャーですぞ。
スポンサーサイト

ゴールドラッシュ

先週末の三連休でカリフォルニア州北部のソノーラという町に行ってきた。
この町はその昔、ゴールドラッシュで大変賑わったらしい。

sonora.jpg

一攫千金を夢見てアメリカ中から集まり、山に入って行った男たち。
彼らに「飲む打つ買う」を提供し、風呂付きの宿があり、金採掘の各種道具の販売、資金貸し付けなどで潤った町。
夢を追ったヤツらよりも、そのサポートで財を成したヤツが多かったってのは、世の中の摂理っぽい話だ。
聞いた話では、金を掘る連中に作業着を売ったリーバイスもここで大儲けをしたとか。

なるほどねぇ。

creek.jpg


「ドライヴ」

去年のカンヌ映画祭で監督賞を獲った「ドライヴ」を観た。
これで監督賞が獲れちゃうっていうのはスゴい強運であって、正直ハードルがちょいと低すぎじゃない?と言わざるを得ないんだけれども、良い映画だった。

前半はトンガってた頃のマイケル・マンが監督して、後半をこれまたトンガってた頃のデビッド・リンチが監督したみたいな感じ。


おっさん

良い歳したおっさんが、ひさびさにおもちゃを2つも買ってしまった。

スケルトントニー

アメリカのフィギュア、完成度がむちゃくちゃ上がってるわ。


HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。