映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2011-01
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救命具ある?

「かくれファシスト的な超人が甚大な器物破損と大量殺人も顧みず、自分の正義を押し通す物語。」

これは俺の心の師匠、オーストラリアジャンル映画の巨匠、ブライアン・トレンチャード=スミス監督が一匹狼的主人公の活躍する70年代~80年代のアクション映画のキモを的確にまとめた言葉。
ダーティハリーしかり、ジェームズ・ボンドしかり。
最近ではジャック・バウアーなんかがこの血筋にあたるヒーロー像だろう。

スタローン御大の傑作「コブラ」はド直球にそんな映画。
俺の好きな映画トップ10に常時ランクインしてる娯楽活劇の極み。
スタローン御大の過剰演技、コスマトス監督の過剰演出・・・。
映画の神様がたまたま微笑んじゃったもんで、BADのエレメントがすべてGREATになってしまった奇跡の映画。

その「コブラ」がブルーレイ化された!

コブラ

アメリカではBD未発売なので早速購入。
残念ながら画はそんなにキレイになってない。でも音は格段に良くなってた。
ディスクをチェックするだけのつもりが全編見ちゃったよ。
やっぱ最高。この映画。

ポテトフライをケチャップびちゃびちゃにする人がいたら言っちゃいそうだ。
「救命具ある?」って!



スポンサーサイト

日本映画監督協会、入会!!!

年末の理事会で承認していただき、日本映画監督協会の会員になることができました!
推薦していただいた松島哲也監督、本当にどうもありがとうございました!

日本映画監督協会に所属させてもらうのは俺の夢のひとつだったので、本当に万感の思いです。

とある大監督の飲み会に出席させてもらったとき、名刺を渡した人のひとりがクスッて笑いました。
「映画監督ですか・・・」って。
15年ぐらい前の話。当時大学生だった俺はイキがって「映画監督」なんて書いた名刺を持って歩いてました。
学生映画、短編映画しか撮って無かったのにね。
笑われて当然。顔から火が出るほど恥ずかしかった。

それ以来、お会いする映画監督の名刺に注目してました。
「映画監督」って書いてある名刺は意外に少数派。
圧倒的に多いのは「日本映画監督協会会員」の肩書き。
シブい!

ということで、俺もいつか名刺に「日本映画監督協会会員」って書けるようになるのだ!
という思いを胸にしたわけです。

それが叶いました。

これは俺に映画を撮らせてくれた方々、配給してくれた方々、観てくれた方々、そしてなかなか大成しない俺を支え続けてくれる家族のおかげです。
ありがとうございます!

岡本喜八監督をはじめ、錚々たる映画監督たちが所属していた/いる日本映画監督協会。
その一部になることができた俺はますます燃えてます!
今年は新作撮るぞ!

名刺は新調したぞ(笑)



カルテット

「カルテット」という深夜ドラマが昨日から始まりました。
http://www.quartet-tv.com/

アメリカならコレはテレビで流せないだろー!と思われる過激なアクションの連続でスゴい事になってます。
必見!

大沢在昌氏の原作をベースに脚本を書いている公園兄弟(ここで笑える人は映画通)のひとり、鴨義信さんはとても仲良くしていただいている兄貴的存在の方。
一緒に飲むと帰りは必ず朝日が出てます(笑)

鴨さんは生粋のアナーキストなので、テレビという制約の中でもとんでもないことをやってくれてます。
去年見た「警視庁継続捜査班」の第5話も「うそ!」って展開でお茶の間には相応しくないエッジを効かせてくれてました。

ということで、「カルテット」見るべし!

ちなみに公園兄弟が脚本を書いた連ドラ版「アストロ球団」はテレビ史に残るべき大傑作。こちらも必見。

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。
今年は、新作が撮れるようにがんばります!

そんな決意に燃えている今年のお正月。
土日が見事に入っちゃってるんで、休みが短いっすね。
なので、どこにも行かず、寝正月ならぬ映画正月。

nenmatsunenshi.jpg

スペインでついに奇跡のDVD発売になったケン・ラッセル監督の「肉体の悪魔」(ビデマさん、入手してくれてありがとうございます!)、ずっと見たかった亜紗美さん主演の「爆発!スケ番☆ハンターズ 総括殴り込み作戦」、そして米国版BDを安く買った「24 ファイナルシーズン」なんかを一気に見ちゃってます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。