映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2010-09
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TSUNAMI

ちょっと前のこと。
らんぷ亭でごはんを食べた。そこに何かのキャンペンーンのチラシが。
Tsunami.jpg
おお!これは2009年の韓国津波パニック映画「ヘウンデ」じゃあないか!
そーか、TSUNAMIというひねりゼロな邦題でやっと公開になるのね!

TSUNAMI=ヘウンデは思い出深い作品。
去年のプチョン国際ファンタスティック映画祭で韓国を訪れたときに、夏の超大作映画としてガンガンテレビで宣伝されてた。
興味を持った俺と柳本プロデューサーは、見に行くというゆうばり映画祭関係の方々に便乗して街のシネコンに「TSUNAMI」を見に行った。

全編韓国語で字幕ナシ上映。当たり前だ。
LAからプチョンに前日入った俺は、時差ぼけで数分寝てしまう。
それに気付いた柳本プロデューサーの強烈なエルボーアタックが俺の脇腹に炸裂。
ナイスだ。完全に目が覚めた(笑)

人間関係を説明する芝居部分を抜けると字幕も韓国語も解る必要ナシなパニック映画の王道が始まった。
すごかったよ。
クライマックス、俺はとなりの韓国人おばちゃんと号泣(笑)。いやー、感動した。
ネタバレになるから書かないけど、今思い出しただけでウルウルきちゃうシーンがあるんだ。
やっぱ、息子誕生以来壊れた涙腺が直らない(笑)

怒濤の演技陣、VFXチームの仕事、演出陣、どれを取っても世界級の仕事。
韓国映画はホントにすごい。
俺的にすごくハマったのは、サントラ。イ・ビョンウ氏のスコアが最高。
エンニオ・モリコーネをさらに感情的にするというのが可能なら、こんなスコアになるって感じだ。
俺は今年の始め、LAのコリアタウンを歩き回ってサントラCDを手に入れた。
イ・ビョンウさんといつかお仕事したいなー。

ということで、「TSUNAMI」は9月25日、日本公開!
必見っす!

スポンサーサイト

第3回したまちコメディ映画祭

ゆうばり映画祭コンペ同窓生、田中健詞監督の最新作「宇宙家族」が第3回したまちコメディ映画祭で上映されることになり、観て来た。

やっぱり、映画祭は良いなー。
自分の作品が出てなくても、あのお祭り感はクセになる(出てたらもっと楽しいんだけど)。

コンペはかなりレベルの高い10の短編作品で争われた。
田中監督の「宇宙家族」は、いつもの田中カラー(笑)。ゆうばりに出してた「不協和音」もそうだったけど、絶対に予想を裏切る展開がクセになる作風。俺は大好きだった。

「サムライ・アベンジャー/復讐剣盲狼」の上映に俳優の紅井ユキヒデさんと一緒に来てくれた俳優の青木十三雄さんが中年男の哀愁と驚愕の展開を熱演する「おむかえです」も傑作。

俺個人的には、谷坪明英監督の「明日のれるかな」が一番グッときた。
息子が生まれて以来、親と子ネタにはイチコロなんだな。これが。
しかも、親と子ネタ+「ロッキー」ときたもんだ。この映画は。
スタローン至上主義者の俺としてもやられた(笑)

審査員の方々がコンペのジャッジをする間、したコメ映画祭総合プロデューサーのいとうせいこうさん特別推薦作品として、小林でび監督の「おばけのマリコローズ」が上映された。今年のゆうばりでも大評判だったというこの作品、観たかったんだ。
でび監督、大爆発っていう映画。ピュアな恋愛讃歌。必見。
物語の半分以上は、アパート内でストーリーが展開するんだけど、そこで壮大な物語が繰り広げられる。
ブロードウェイさながらのミュージカルナンバーまで登場するんだから。
やっぱ、映画は金じゃないよね。愛と想像力だよ。脱帽っす。
キャストの皆さんがとても素敵な映画。小木曽睦美さんと村永奈緒さんのクライマックスシーンはすごかったね。
おふたりのファンになっちゃった。
おばけとチューしちゃう竹下笳人さんも良かったなー。
そして、32秒の出演でおいしいとこを攫っていく園部貴一さん。さすが。

田中監督のはからいで、関係者のみの懇親会にももぐり込ませてもらっちゃった。
金子修介監督、三留まゆみさんとお目にかかれたのは最高だった。

ということで、第3回したまちコメディ映画祭、とっても楽しませてもらいました。
来年も見に行こーっと。

田中監督と小林監督↓
Shitacome1.jpg

Shitacome2.jpg

今年のベストワン映画、すでに決定か!?

「Kick-Ass」最高!
Kick Ass

これは大傑作。
ああ、こういう映画が撮りたいなぁ。
と、羨望と悔しさの念を持たされつつも、ものすごく楽しめてしまった。

俺の2010年映画ベストワンは、すでに決まってしまった!?

嬉しい悲鳴

おかげさまで、「サムライ・アベンジャー/復讐剣 盲狼」が予想を遥かに上回るセールスになってます。
配給元のマクザムさんも「嬉しい悲鳴」と言ってくれてます。
初回プレス版がほぼ完売してしまい、現在は店頭在庫のみの状態とのこと。
アマゾンでも在庫切れが続いてます。
アマゾン売り切れ1

ドイツ版サントラCDがもれなく付いた2枚組版が無くなるのは時間の問題っすよ。
レンタル版には収録されていない2時間超の映像特典、音声解説にも気合いを入れました。
お早めにお求めください!

「サムライ・アベンジャー」効果で俺の処女長編「モンスターズ」もアマゾンで在庫切れ(笑)
アマゾン売り切れ2

こちらは演出スタイルをガラリと変えた密室拷問ヒューマンドラマ。
こっちも宜しくお願いします!

日の目を見る

日本劇場公開が終わり、無事にDVDレンタルが始まってもう1週間。
ゆっくりするどころか、溜まってた仕事に追われてバタバタだった。
ああ、なんで1日は28時間とか30時間じゃないんだろう。
見なきゃいけない映画、読まなきゃいけないホン、書かなきゃいけないプロットは増えていくばかり・・・

この1週間があまりに早かったので、時間経過のスピードに改めてゾゾッーとしてる。
さらにもっとゾゾッーしたのが、もう9月中旬って事実。
つーことは、あっという間に2010年も終わっちゃうってことだー。
ああ恐ろしい。

今年中に次回作は決まるのか?
ああ恐ろしい。

恐ろしいと言えば、「サムライ・アベンジャー/復讐剣 盲狼」の批評を読むのが恐ろしい。
映画好きの方々のブログやら大手レンタルチェーンのカスタマーレビューだったり、結構手厳しいご意見を見かける。
のるかそるかな作品なので、気に入ってくれる方はとっても気に入ってくれて、嫌う人はとっても嫌うという傾向が顕著な気がする。
それでも見ていただけるっていうのは、とてもありがたいことである。

ありがたいと言えば、「サムライ・アベンジャー/復讐剣 盲狼」を世に出すため、映画祭を一生懸命やってたり、エージェント探しに躍起になって頃に出会った映画が数本、日の目を見始めた。
オーストラリアのファンタスティックプラネット映画祭で一緒に飲んだくれたスティーブン・カストリッシオス監督の「ザ・ホースマン」とエージェント探しの情報交換を快く協力してくれたアンドリュー・ムーアマン監督の「シンパシー」がアメリカでDVDリリースされた。
photo-10.jpg

「ザ・ホースマン」、「シンパシー」、そして「サムライ・アベンジャー/復讐剣 盲狼」は、共にインディーズとして出発しながらもマーケットに食い込み、映画不況の中で日の目を見ることができた希有な例だと思う。
ありがたいことだ。

(アンドリュー・ムーアマン監督の「シンパシー」のアメリカ輸入版DVDは、新宿のビデオマーケットさんで入手可能。スティーブン・カストリッシオス監督の「ザ・ホースマン」はお店で見たことはないけど頼んだら入荷してくれると思う)

上映終了&レンタル開始!

9/3(金)無事、「サムライ・アベンジャー/復讐剣 盲狼」の劇場公開が終わりました。
感無量であります!
劇場にお越しいただいた皆様、本当にどうもありがとうございました!

間髪置かず、DVDレンタルが始まりました。
こちらも宜しくお願いします!
Tsutaya渋谷2  Tsutaya新橋1  Tsutaya高田馬場4

ちなみにレンタル版は本編のみの収録です。
90分におよぶメイキング、日本語音声解説、絵コンテ&スチールスライドショーなどなど、てんこ盛りの特典はレンタル版には収録されていませんでの、映画本編が気に入っていただけましたら、ぜひセル版を買ってください!
サントラCDも付いた初回限定豪華2枚組のセル版DVD、こちらも宜しくお願いします!

いよいよあと2日&いろいろ嬉しかったこと

おかげさまで順調に進んできた「サムライ・アベンジャー/復讐剣盲狼」の劇場公開があと2日を残すのみとなりました。
8/27(金)にDVDが発売になったにもかかわらず、先週よりも多くの方々が劇場に来て下さっています。
本当にありがとうございます!

明日の最終日には、9/4(土)から公開される「ゴスロリ処刑人」の小原剛監督をゲストにお迎えして、トークイベントも開催します。ご来場お待ちしています!

順調な劇場公開、むちゃくちゃ嬉しいです。
さらに、ここ数日はいろいろ嬉しいことが重なりました。

なんと日本経済新聞の映画評コーナー「シネマ万華鏡」に「サムライ・アベンジャー/復讐剣盲狼」が取り上げられたんです!
映画評論家、宇田川幸洋さんの作品評を引用させていただきます。

サムライ・アベンジャー ★★★
→アメリカの荒野の風景、アメリカ人キャストを
みごとにつかいこなした、日本人監督・光武蔵人
による、あらゆるB級映画にささげるオマージュ。
盲目の剣士の復讐譚。B級愛好の士には必見の逸品。

おおおおお。嬉しい。
「必見の逸品」っすよ!
ありがとうございます!

さらに、新宿のビデオマーケットさんが「サムライ・アベンジャー/復讐剣盲狼」のドイツ版3枚組コレクターズ・エディションを入荷してくれました!
http://www.video-market.net/vm/feature/samurai_avenger/index.html
ドイツ3枚組日本
現段階で、「サムライ・アベンジャー/復讐剣盲狼」がブルーレイで見れるのは、このドイツ版のみ。
マニアの方、ぜひよろしくです!

ちなみにビデオマーケットさんではスタローン先生の「エクスペンダブルズ」公開に備えて80年代アクション映画コーナーを展開中。さすがだ・・・。思わず「レッド・スコルピオン」を買ってしまった俺がいます!
photo-16.jpg



HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。