映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2010-03
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア配給決定!

「サムライアベンジャー/復讐剣 盲狼」、オーストラリアでDVD発売決定!
リリースは、4月21日!
http://www.devoteddvd.com.au/shop/product_info.php?currency=AUD1&osCsid=kvlrvip82fvhns3gelb6fras96&products_id=55370

ちなみにネットで遊んでたらこんなものを発見。

http://www.oflc.gov.au/www/cob/find.nsf/5b6ebdff7f5b9a24ca2575ca00062226/
7310882aa89093dcca2576e10057f9bf!OpenDocument


オーストラリア政府が俺の映画に出した視聴年齢制限の告知みたい。こういうのをいちいちやるんだね。すごい労力だ。
ちなみに「サムライアベンジャー/復讐剣 盲狼」は、18禁(笑)。
その理由は、ハイ・インパクト・バイオレンス!
なんだか、かっこいい響きだよね。ハイ・インパクト・バイオレンス!
スポンサーサイト

モーヴェジャンル映画祭!

「サムライアベンジャー/復讐剣 盲狼」、またまた映画祭からご招待をいただきました。
ということで、フランスのMauvais Genre(モーヴェジャンル)映画祭に4月2日から4月7日まで行ってきます。
http://www.festivalmauvaisgenre.com/

Mauvais Genre=悪いジャンル、という超かっこいい名前の映画祭。とっても楽しみ!
俺にとっても、「サムライアベンジャー」にとっても初のフランス上陸。気合いが入る!
パリの空港に着いてからツールという街まで、ひとりで電車移動してくれっていう放任主義な事務局なので、ちょっと不安もあるんだけど(笑)、空港からどうやって電車に乗るかというインストラクションがメールされてきたり、電車のチケットが郵送されてきたりで、ちょっとスパイ映画的でもあって結構この状況を楽しんでます。
今回の映画祭は、完全ご招待。ありがたいことです。

長編コンペティション6本の中の1本として「サムライアベンジャー/復讐剣 盲狼」は、招待されました。
http://www.festivalmauvaisgenre.com/index.php?page=competition-longs
http://www.festivalmauvaisgenre.com/index.php?page=samourai-avenger-the-blind-wolf

オーストラリアでは大ウケ&グランプリ受賞だったけど、フランスのお客さんはどんな反応をしてくれるんでしょうか!?
コンペには去年のプチョン国際ファンタスティック映画祭クロージング作品だったインドネシア初の格闘アクション映画「Merantau」のような傑作も参加するようなので、これは見物だね!

各国での配給が始まったので、そろそろ映画祭参加の賞味期限が切れる「サムライアベンジャー/復讐剣 盲狼」。
フランスで映画祭ツアーのエンディングを楽しんできます!

ドイツでゴー!

「サムライアベンジャー/復讐剣 盲狼」ドイツ版DVD&Blu-ray発売開始目前!
(ドイツでのタイトルは、「LONE WOLF: The Samurai Avenger」)

http://www.amazon.de/Lone-Wolf-Samurai-Avenger-Blu-ray/dp/B003647BIQ/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=dvd&qid=1267110928&sr=8-1

http://www.amazon.de/Lone-Wolf-Samurai-Kurando-Mitsutake/dp/B0034IULT0/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=dvd&qid=1268844946&sr=1-1

発売に先駆けて、映画雑誌「DEADLINE」にインタビューが掲載されました。

deadline1.jpg deadline5.jpg

見出しは、「Kick-Ass-Samurai」
ドイツ、最高!

アルジェント・ギロチン・ロックアウト

バタバタしているといつもサボってしまうブログ。
やっぱりアナログ人間なんだなー。
Twitterとかやっている人、メンドクサくならんのだろうか。

タイトルが三題噺みたいだけどそんな大したことじゃなくて、ちょっとまとめた近況。

2月某日、やっと念願だった矢澤利弘先生主催のアルジェント研究会に参加。
アルジェント映画のケレンについて論じ合うという回。なかなか刺激的だった。それにしても極東の島国で、いい大人たちが日曜日返上で集まるほど愛されてる映画監督ってダリオ・アルジェント以外にはなかなかいないだろうね。そんな監督になれるようにという学習の意味も込めて、これからもアル研に参加させていただきたい。
2次会の飲み会、3次会のカラオケもクセになりそうな面白さ!

アル研

2月末日、去年のゆうばり映画祭のコンペ同窓生で親友になった高橋康進監督の「ロックアウト」がついに劇場公開!
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/lineup/20100115_4889.html
初日に駆けつけることができた。
作品の中でとても印象的な警察官役を演じている俳優の木村圭作さんや偶然「ソード・シーカーズ:刀狩るもの」の都築宏明監督とも出会うことができて大感動。
夜通しで音楽担当の手代木克仁さんとお仲間の生演奏を聞きながら飲むという最高の夜となった。
やすちゃん、おめでとう!
(「世界が愛した才能」ということで、高橋監督の「ロックアウト」と日替わり上映されている三宅伸行監督の「Lost & Found」も初長編作品とは思えない堂々とした演出の感動作。三宅監督はすでに巨匠の風格だ)

ロックアウト初日

3月某日、千代田線根津駅近く、最近とても気に入っている居酒屋でサンフランシスコ芸術大学時代の親友たちとプチ同窓会。ま、3人のみだったので、プチプチかな。
このお店に「ラ・ギロチン」というソソる名前のビールがあった。ちょっと酸味の強い爽やか系。ギロチンにぶちまけられてる鮮血のような濃厚な味を期待していたのに裏切られた。美味しかったけど。

ラ・ギロチン

来週は都内某所で大掛かりな撮影をやるお仕事に誘われた。
日本での撮影現場は初めてなので、ピカピカの一年生としてがんばってきます!

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。