映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2009-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画祭最優秀作品賞 受賞!

「サムライアベンジャー/復讐剣盲狼」が、インディーフェストUSAで、Best of Festival賞(映画祭最優秀作品賞)を受賞しました!

長編映画38本、短編映画89本、総上映作品数127本で競われたコンペティションの頂点。
これも上映に来てくださった皆さん、映画を応援してくれている皆さんのおかげです!
ありがとうございました!

INDIE_LT.jpg P1090350.jpg
スポンサーサイト

町山智浩さんのポッドキャストで紹介していただきました!

人気コラムニスト・映画評論家の町山智浩さん(著書「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない」(文藝春秋)、「映画の見方がわかる本」(洋泉社)など)のポッドキャストで「サムライアベンジャー/復讐剣盲狼」を紹介していただきました!

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20090816

映画愛に溢れる話題の中、11分ぐらいから「サムライアベンジャー/復讐剣盲狼」を語っていただいています。

ぜひお聞きください!

「サムライアベンジャー/復讐剣 盲狼」@ダウンタウン・ディズニー!

「INDIE FEST USA」の上映があと1週間に迫りました!

開催日時:
2009年8月25日(火)
19:30~

開催会場:
AMC Downtown Disney 12
1565 S Disneyland Dr
Anaheim, CA 92802
(714) 769-4262

「サムライアベンジャー/復讐剣 盲狼」のページ:
http://indiefestusa.bside.com/2009/films/samuraiavengertheblindwolf_indiefestusa2009

ロサンゼルス近郊の皆さん、映画館で待ってます!

Indie-Fest-Selection-Logo.gif

韓国の話⑤ 収穫

プチョン国際ファンタスティック映画祭に行くことが決定して、むちゃくちゃ楽しみにしていたことのひとつが、韓国でのお買い物。
といっても、ブランド物やニセブランド物が目当てじゃなかった。

映画バカの俺が買い漁りたかったのは、韓国映画のDVD。
話題ばっか先行してて、アメリカでも日本でも未公開のコリアン・ウエスタン「The Good, the Bad, the Weird」は絶対探したかったタイトル。

ゆうばり映画祭で話題騒然だったのに見逃してしまった「チェイサー」もマストで手に入れたかった。韓国の連続殺人事件モノにハズレ無し!(「カル」も「殺人の追憶」も大傑作!)

ところが・・・プチョンの街をブラブラしても、CD屋もDVD屋もない!モールみたいなとこに入ってもCD・DVD店がない!大きな本屋に入ってもCD、DVDがない!ハングルは読めないので、DVDというサインを頼りに雑居ビルに入っていったら怪しげな個室ビデオボックスのようなところで、焦りまくったこともあった!(笑)

映画祭の若いスタッフさんに聞いてみる。「なんでCD屋もDVD屋もこの街にはないの?」
「みんなオンラインで買うんです」
なるほど・・・。
「お店はないの?」
するとスタッフの皆さんがいろいろ話し合ってくれた結果、ソウル郊外のTechno Martがオススメということになった。

その夜、ゆうばり映画祭の方々と飲んでたとき、話題がDVDショッピングにたまたまなった。「Techno Martってとこが良いって教えてもらったんですけど」と俺が言うと、「東京残酷警察」の西村喜廣監督が「そこ、すごくいいよ!」と熱く語ってくださった。よーし!明日はTechno Martに行くぞ!と決心。プチョンからは電車で2時間かかるらしいが、しょうがない。

この晩、ゆうばり組が解散したあとも、俺はプチョン映画祭のパブリシティ担当の方々と明け方まで飲んでしまう。日本語ができる方がいて、通訳をしてくれた。映画祭の顔だった韓国の女優さんも一緒でとっても盛り上がってしまった。ビール→梅酒+ソジュ→ソジュをガンガンと朝6時半まで飲んでしまう・・・。

次の日。Techno Mart行き、朝9時集合。朝食のバイキングで柳本Pと合流。時差ぼけのおかげで朝起きれたんだけど、まだ完全に酔ってる。フラフラと柳本Pのあとについて、電車の駅へ。

プチョンとソウルは、川崎と東京のような立地。Techno Martがあるとこは、柏のような感じかな。つまり、郊外から東京に入り、逆側の郊外に出るというコース。
2時間の電車移動で酔いが、二日酔いに変わった。最悪。自分の行きたいとこだから文句はもちろん言えないんだけど、DVD買い物じゃなかったらこの日程キャンセルしてたよなーと自嘲的に思う。
それにしても、柳本Pの正確なナビゲーションに大感謝。(途中、切符の自販機でテンパって八つ当たりされたけど)

ながーい旅のあと、Techno Martに到着!ビルの1階で、バナナジュースを腹に入れて復活!さあ、気合を入れてDVDを買うぞ!
このTechno Martってとこは、ドドーンとでっかい7階建てビルに秋葉原が収納されてるって感じのところ。コンピューター屋、パーツ屋、カメラ屋、ゲーム屋、そしてDVD屋などがビルの各フロアーにひしめいている。クラクラするような圧倒的光景。

ブラブラしたあとに韓国映画をたくさん扱うお店を発見。おじさんと身振り手振り+英語タイトルを書いたりしてお目当ての「The Good, the Bad, the Weird」と「チェイサー」をゲット!
さらに「LOST」で国際俳優になったキム・ユンジンさん主演の「セブンデイズ」も発見。ハン・ソッキュさんが坂本教授のような髪型になってる映画(タイトル読めません)もジャケ買い!ばあさんたちが良い味出してるコメディ映画?もジャケ買い!おっかなそうなストーカーもの?もジャケ買い!

Techno Mart、最高!韓国映画DVD買い漁り計画、大成功!

追記:昨日「チェイサー」を観る。セリフではなく画でストーリーを語る演出の力量に感服。それをサポートする俳優陣の熱演と素晴らしい撮影+照明。ますます韓国映画が熱い!傑作!

Picture 310 Picture 315 Picture 314

韓国の話④ 半島文化

プチョン国際ファンタスティック映画祭で知り合ったソウル在住20年の日本人映画ライターの方にソウルを案内していただいた。

バスに乗ったり、歩いたり、観光客は絶対行けないローカルな店で絶品サムゲタンをご馳走になったり、自家製マッコリの店に連れてっていただいたり・・・。とにかくディープなソウルを体感させてくださった。
その夜の最後は、壮大なLPレコードコレクションを誇るバーに案内していただいた。紙にリクエストを書くとその曲をレコードでかけてくれる。これはハマった。ビールがどんどん進んだ。古今東西の名曲、珍曲がどんどん出てくる。MJ追悼と称して「スリラー」までかけてもらった。

「韓国の曲をリクエストしてみてください」とライターの方にお願いしてみた。
熱い男泣き系のバラードがバンバン聴けた。
ド直球でツボの曲ばかり。曲名とアーティスト名をメモっていただき、全部CDを買ってきた(笑)

マッチョでセンシティブ。
これが韓国の男性像かな。
ちょっとイタリアに似てる。
そうか。両国ともに半島なのだ。

韓国とイタリア、両方ともメシがむちゃくちゃ美味い。(ニンニクどんどんだし)
そして、両方とも良い映画を撮る。
男泣き映画の傑作が多い。

半島文化の共通点を思い立ち、マッチョでセンシティブな音楽に酔った夜でありました。
今も、들국화にハマっております!

洗面器で出てきたマッコリ!絶品! 買い込んだCD サムゲタン

韓国の話③ 上映

プチョン国際ファンタスティック映画祭での「サムライアベンジャー/復讐剣 盲狼」上映に立ち会ってきました。7月22日のこと。

午後2時からの上映なので人の入りが気になったんだけど、9割が埋まり、ほぼ満員。柳本プロデューサーと一緒にホッとヒト安心。

今までの映画祭との大きな違いは、女性のお客さんが多かったこと。俺の前に座ってたのは中年女性の二人組み。俺の横はひとりで観に来た若い女性。大丈夫かな?とちょっと不安に。

案の定、残酷シーンでワーワーキャーキャーのおばさんチーム。うつむいてしまう若い女性客。
映画が終わるまでに帰っちゃうか?と心配してたんだけど、結局みんな最後まで観てくれた。激辛韓国料理に鍛えられた肝っ玉は、ちっとやそっとの残酷描写じゃヒヨらないのだ!(想像)

上映後のQ&Aも盛んに質問が出る。同じアジアでもQ&Aが苦手な日本人とは大違い。
撮影やCGの技術的質問から、サムライって聞いて時代劇だと思って観に来たんだけどパラレルワールド的な設定にした意図は?など制限時間を越える勢いで質問が飛び交った。楽しかった!

最後に俺から、韓国映画ファンの俺がこうして韓国にやってきて韓国のお客さんに映画を観てもらえたのは最高でした!ありがとう!と挨拶。大きな拍手と温かいムードで上映は無事終了。

その後は、ロビーで数名の女性客にサインを頼まれた。
韓国に引っ越そうかなー(笑)

P1090190.jpg QA2.jpg

韓国の話②

今回も小ネタ。

韓国の街でよく見かけた4駆の車。
ちょっとランドローバーを小さくしたような感じ。

なんと、この車、名前が、
KORANDO

結構笑いました。

Picture 043

Picture 042

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。