映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2007-05
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の遺物

レーザーディスクがついに終わった。
川中美幸さんの「金沢の雨」(カラオケ用LD?)が世界最終プレスらしい。

レーザーディスク。俺にとって、とっても思い入れのある「過去の遺物」。一時は700枚ぐらい持ってたんじゃないかな。

映画小僧になった小学校3年生当時はレンタルVHSで満足してたものの、中学に入り、気に入った映画をコレクションしたくなった。で、悩んだのがVHDかLDか。(覚えてる人います?VHDって)結局、親父と相談して我が家はLDを購入することに。ハードを買ってもらったのは良いが、ソフトがバカ高なことに気付いて愕然(笑)。その年の正月、ナケナシのお年玉を握って当時青山にあったLD専門店までチャリンコを飛ばし、3時間ぐらい店内をウロウロ吟味して「フェノミナ」のLDを中古で買ったのだった。(ジェニファー・コネリーとダリオ・アルジェントの大ファンだった。ダリオは卒業(笑)したけど、ジェニファーは今でも大ファン)

大学にいた頃、自宅で映画をちゃんとした画拡(Aspect Ratio)で見るにはレターボックス仕様のLDソフトしかないということになり、さらにハマった。(画拡とか熱く論じちゃうスノッブなアホ学生映画野郎だったのです。俺は)

その当時、アメリカで映画キチ○イからとても支持されていたLDレーベルにCriterion Collectionがあり、ここはLDの時代から映画に音声解説やメイキング・オブなどの特典に凝っていることで知られていた(結果的にDVDソフトでの音声・映像特典が当たり前となった基礎を作った)。

ある上映会をきっかけにCriterion Collectionで特典のプロデューサーをしていた人に出会い、彼のもとでバイトをすることに。でも、Criterion Collectionは貧乏なので、ノーギャラだという。その代わり、Criterion Collectionから発売しているLDをタダでくれるということになった!1作品$40~$120と高価だったCriterion CollectionのLDをもらえるということで、俺はこのインターンに飛びついた。「羊たちの沈黙」LDの音声解説を画に合わせて編集したり、「東京流れ者」、殺しの烙印」のLD化で鈴木清順監督にインタビューさせていただいたりと大学生の俺にとっては初の本格的な「映画の仕事」がLDからだった。現物支給のギャラでコレクションもどんどん増えた。

そんなLDもDVDの登場で絶滅に追いやられた。携帯の台頭でポケベルが無くなったように。

DVDもいつか過去の遺物になっちゃうんだろーな。

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす

なんてね。
スポンサーサイト

24 シーズン6

アメリカのオンエアでは、あと3エピソードを残すだけとなった「24 シーズン6」。

何を書いてもネタバレになるのがこのシリーズの特徴なんで、今シリーズについても黙ってようと思ったんだけど、もう無理。日本で楽しみにしている人には悪いがシーズン6は、今までで最低だ!

まず、とてつもない大事件でシーズンが始まるんだけど、その事後の描写にリアリティのカケラもない。911という本物の本土同時多発テロを経験した国だから攻撃を受けた街が、近郊が、ひいては国全体がどのような状態になるか、簡単に解りそうなもんなのに・・・。

そして今までのシリーズですでに使われたプロットのリサイクルに次ぐリサイクルな脚本。大統領を陥れて政権を握ろうとする副大統領、疑いを掛けられる同僚、またまた命令違反で行動するジャック・・・。いくら俺もトヨタ車に乗り換えてしまうようなエコのご時世って言ったってプロットのリサイクルはご法度だろー。

正直言って、今シーズン、義理で見てる。ぜんぜん面白くない!
エンタメ映像作品史上に残る大傑作と呼んでも過言ではないシーズン5の脚本家をみんなクビにしてしまったかのような超駄作シーズンだ。残念!

それでもシーズン7も見ちゃうんだろーなー。俺は。

最恐映画

むちゃくちゃ恐ろしい映画を見た。近年で一番怖い「最恐」映画だった。
その映画は「不都合な真実」。アル・ゴア氏の地球温暖化についての講義を映画化したドキュメンタリーだ。

地球は温暖化してるのかしてないのか諸説があって、真実は素人にはわかりづらい。でもこれだけ人間がいて、産業が発達すればそれなりの影響を地球に与えているのではないか。この「不都合な真実」は人類が地球に与えている影響の最悪のシナリオを提示してくれる。その最悪の状態を招かないように、俺らひとりひとりが何を出来るか、そんなことを考えさせてくれた。

という俺はアメ車大好き人間。ここ10年の愛車はシボレー・カプリスだった。ちょうどいろいろとガタがきてたので買い替えを考えていたんだけど、この映画に刺激されて燃費の良い車というのをメインの選択理由に、トヨタのカムリにしちゃったよ。この俺が日本車とは!アル・ゴアさん、あんたの影響大っす!

映画制作者の男気

ジェリー・ブラッカイマープロデュース、トニー・スコット監督作品、「デジャヴ」をレンタル。作品は想像以上にハードSFで、世界観に伸るか反るかで評価が大きく別れそう。それでも俺は大いに感動したぞ。映画人の姿勢として。

この映画、ニューオリンズが舞台で、ロケもちゃんとニューオリンズでしている。ニューオリンズといえば、ハリケーン・カトリナで壊滅的被害のあった街だ。そこに「ハリウッド超大作」を撮りに行ったというのは、プロデューサー、監督、主演のデンゼル・ワシントンの男気以外のナニモノでもない。

アメリカの地方都市や田舎町は「ハリウッド超大作」が撮影に来てくれるのを大歓迎する。何十億、何百億で制作される映画の撮影隊が来れば、ローカルハイヤーと呼ばれる現地採用のクルーが大勢雇われ、人が潤う。クルーの宿泊や飲食で現地の外食産業も潤う。大勢の人間を移動させるので車両会社が潤う。さらに映画撮影された場所っていうことになれば、作品の公開後に観光名所になる可能性もある。つまり億単位の金が街に落とされる。

俺も東映映画のアメリカプロデュースをしたときに、バージニア州のリッチモンドという田舎町にロケハンに行ったんだけど、ローカルクルーの人件費の高さにびっくりした覚えがある。それは、ちょうど俺らが行った前年にスピルバーグ監督の「宇宙戦争」がリッチモンドで撮影されてローカルクルーがみんな「ハリウッド超大作」の値段で雇われたからだった。「ハリウッド超大作」はその街の映画産業のスタンダードまで変えてしまうのねーと思った。

ということで「デジャヴ」は、災害被害地に「寄付」ではなく「仕事」を持って行ったというハリウッド流男気の映画。ジェリー・ブラッカイマー、トニー・スコット、デンゼル・ワシントン、やるなー。

ちなみにこの映画のラスト、「ニューオリンズの人々に捧ぐ」とクレジットが出る。

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。