映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2007-04
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯人は誰だ!

「モンスターズ」のプロモーション用スクリーナーDVDがAmazon.comに流出してた!

http://www.amazon.com/Monsters-Ingleman-Bonnie-Muirhead-Keller/dp/B000O5GLPE/ref=sr_1_1/104-6808017-6040738?ie=UTF8&s=dvd&qid=1177403768&sr=1-1

誰が流したんだよ~!犯人は誰だ!

キャスト、クルー、映画配給関係者ぐらいだぞ、渡したのは。
北米発売前なんだからこういうのは止めて欲しいよなー。

しかし、これ、1000枚しか作らなかったスクリーナーだから希少価値バリバリだな。値段も$49.99となかなかのコレクター価格。このセラー、結構わかってるヤツだな。って感心してる場合じゃないつーの。
スポンサーサイト

スケープゴート

バージニア工科大学の銃乱射事件のあと、すぐに思ったことがある。「この犯人が映画ファンではありませんように」と。なぜなら、映画はすぐに凶悪犯罪のスケープゴートにされるから。

俺の不安どおり、大傑作「オールドボーイ」が槍玉に上がっている。

数年前の小6同級生殺害事件でも「バトルロワイヤル」が、酒鬼薔薇事件、宮崎勤事件ではホラー映画全般がスケープゴートにされた。

映画だけの影響で人は人を殺せるようになるわけが無いと思う。そんなこと言ったら、俺はとっくの昔に死刑にされた超凶悪殺人犯になってる。

ビデオバブルの最盛期に映画小僧だった俺は、本当にいろんなものが見れた。しかもあの時期はスプラッターが流行った時期だったので、今考えるとよくもまあこんなモノを子供が借りれたよなと思うものをレンタルして見てた。血みどろ、残酷、残虐なんて当たり前。「エロ・グロ・ナンセンス」のオンパレードだった。

でも俺は犯罪を犯したことも無けりゃ、警察のお世話になったことも無い。それはやっぱり俺の両親がちゃんと育ててくれたからだと思う。人間は親を筆頭に、人に大きく影響、形成されるのではないか。

犯罪者の心理を知ろうとする上で、映画、小説、テレビなどをスケープゴートにして単純化してしまう風潮は危険だと思う。

理不尽な暴力

バージニア工科大でアメリカ犯罪史上最悪の銃乱射事件が起こってしまった。

犯罪とは往々にして理不尽な暴力を伴う。その中でも銃乱射事件は理不尽な暴力のひとつの極みだろう。このような事件を起こすような人間は断じて許すことができない。しかもこの手の犯人の最も卑劣なところは、自分がやったことへの責任を負わずに自殺という手段で逃げてしまうことだ。

やり場を失った怒りが、アメリカにいるアジア系住民に向けられないことを祈る。理不尽な暴力が理不尽な暴力を生んでしまうことほどの悲劇はない。

銃乱射事件を扱った映画を撮った自分の無力さも痛烈に感じている。たかが1本の低予算映画が今後起きる全ての銃乱射事件を阻止できると考えるほど自分の力を過信していないし、ナイーブではない。しかし、自分にもっと力があり、「モンスターズ」のアメリカ配給を決められていれば、もしかして、万が一の可能性で、拙作が今回の犯人の目に触れていたかもしれない。そして、もしかして、万が一の可能性で、今回の犯行を思い止まらせることができたかもしれない。

理不尽な暴力の前で我々はあまりにも無力だ。

自分へのご褒美

前から気になっていたんだけど、東急ハンズでは特注でジッポライターに写真を転写することができる。自分のお気に入り写真付きで世界で唯一のオリジナルライターが作れるという寸法だ。

「俺の長編映画が世に出たら自分へのご褒美として1個作るぞ」
と心に決めて数年が流れた。

で、作った!「モンスターズ」日本配給を祝して!

最初、「映画のポスターなどは著作権の問題がありまして、お断りしているんですが」と注文デスクで言われちゃったんだけど、「あのー、僕が監督したんですが」と言うと、「あ、じゃあ大丈夫ですね!」と英断してくれた。

DSC09351.jpg


かっちょいー!
最高の勲章ができた!

東急ハンズ渋谷店の内○さん、お世話になりました!ありがとうございます!

追記:
成田空港、ライターに厳しい!
スーツケースに入れててもオイルが入っているとダメなのね。俺の「モンスターズ」ライター、オイルを入れずに箱入りの新品状態だったので、スーツケースでの輸送がOKになった。使いたい誘惑に負けず新品状態にしててホント良かったわ。

しかしまあ、911以来、厳しいね。愛用のジッポを持って世界各国に行けた時代は遠く昔になっちゃったんだね。

クリエイトDJ週刊仕事発見

4月10日発売の求人情報誌、「クリエイトDJ週刊仕事発見」の「ポジティブ・ワーキング・スタイル」というコーナーでインタビューをしていただきました。

お時間がありましたらぜひご覧ください。

スパイダーマンヨ

スパイダーマンヨってなに!?
日本版のポスターを見たらそう読めた。

「3」がプレステ3のようなフォントを使っているので、カタカナの「ヨ」に読めちゃうんだな、これが。

スパイダーマンヨ、近日公開(笑)

20070410173106.jpg

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。