映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2006-12
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年

2006年はすごい年だった。

師匠、岡本喜八監督の一周忌式典に参加させていただき、外国からのお客様の通訳を担当。そのお礼として監督夫人の岡本みね子プロデューサーが最後となってしまったゆうばり映画祭に連れて行ってくださった。映画祭では、岡本監督の「肉弾」追悼上映をお手伝い。また現地では、北村龍平監督、アマンダ・プラマーさん(「パルプフィクション」のハニーバニー!)、トビー・フーパー監督(大傑作「悪魔のいけにえ」の巨匠!)との出会いなどがあった。

岡本みね子プロデューサーのご紹介を経てたどり着くことが配給会社マグザム。やっと決まった2004年完成の初長編監督作品「モンスターズ」日本配給。俺は一生、マグザム様の方へ足を向けて寝ない。

ソニーピクチャーズのサム・ライミ製作総指揮「The Grudge2」のポストプロダクションに参加。何年も前にお時間を作っていただき、いろいろと助言をしていただいたプロデューサーの一瀬隆重さんとお仕事で再会できたのが嬉しかった。また、VFXの第一人者である松本肇さん(俺にとっては大傑作SF映画「ゼイラム」、「ゼイラム2」の脚本家兼特撮監督の巨匠)、撮影監督の柳島克己さん(北野武監督作品、「バトルロワイヤル」を撮られた名カメラマン!)、そしてシカゴの追撮では助監督に抜擢してくださった清水崇監督たちと出会えた事は素晴らしい大事件だった。

盟友、藤井秀剛監督の結婚式ではシチリア島とローマを短期間ながら満喫した。

俳優としては、初めてアメリカ連ドラに出演。米国3大ネットワークのひとつであるABCの「Ugly Betty」という作品。セリフがある役を得るだけでも激戦のオーディションなのに、俺はゲストスターを獲た。本来ゲストスターはそこそこネームのある役者しか張れないポジションなのだが、俺はむちゃくちゃラッキーだったとしか言えない。

そう、今年の俺はむちゃくちゃラッキーだった。
この幸運が2007年も続いてくれる事を、願わくば、更に大きな強運に恵まれるよう祈りつつ今年最後の書き込みとしよう。

皆さんの2006年はいかがでしたか。今年も当サイトをご覧いただきありがとうございました。2007年もどうぞ宜しくお願いいたします。良いお年を!


スポンサーサイト

SWAG 2

www.tvguide.comでも2007年1月4日(木)のUgly Betty "Swag"放送が確認されました!

おおー、ついに米国ネットワークテレビデビュー!

こいつぁ正月からめでてぇこったぁ。

SWAG

俳優としてのおいらが全米ネットワークテレビデビューを果たす予定の「Ugly Betty」第?話、「Swag」。いつになったら放送されんだよー!やっぱり、ジェシカ・アルバとの共演のようにマボロシとして消えてしまうのか・・・と心配しているわけですが、ちょっとしたニュースを入手。

今日は高校時代の同級生でハリウッドメジャーの俳優として活躍しているクリストファー・ゴーハムと昼飯を食いました。
(彼のクレジットはこちらから:http://www.imdb.com/name/nm0330913/)
なんと俺らは「Ugly Betty」の現場で十何年ぶりの再会を果たしたんですよ。偶然に。

クリスは準レギュラーで「Ugly Betty」に出ているので、俺のエピソードがどうなっているのか聞いてみました。

俺「Swag、どうなったか聞いてる?」
クリス「ああ。スタジオが面白くないって言い出して放送保留になったんだ」

ええ!?悪い予感・・・。

クリス「でもね、試写をしたら大うけで、スタジオ側も放送を決めたよ」

おおっ!良かった!

というわけで、1月4日(木)に放送される予定だそうです。
どうなることやら。ちゃんと放送されるまで俺は安心しないぞ!



俳優・光武蔵人、テレビデビュー!

ugly betty pic

 米ABCネットワーク「Ugly Betty」第4話「Swag」ゲストスター出演。

 放送日:2007年1月4日 午後8時

 


詳しくは下記のリンクから。

ABC

TV.COM 作品紹介

UGLY BETTY - new ABC series

www.tv.comでは、シリーズのエピソードガイド、フォトギャラリーなどもご覧いただけます。


思い出のタワレコ

あと1週間ぐらいで全米からタワーレコードが消える。
米国タワーレコード、倒産。

小学生のころ初めてアメリカに旅行に来たときからあこがれの店だったタワーレコード。「地球の歩き方」に、ここに行けば欲しい物がすべて手に入る巨大レコード・CD・ビデオチェーン!などと書かれていて、アメリカに行ったら観光はさて置き絶対にココだけには行くと思った店。

高校から留学してまだバーには行けなかった俺が、嫌なことがあったら憂さ晴らしに行ったのはタワーレコードだった。

映画学科の大学に入って、映画バカの同志たちと映画を熱く語り、蒐集に耽ったのもタワーレコードだった。

そんなタワーレコードがアメリカから消える。
古き良きアメリカがまたひとつ過去の物になっていく。

皮肉なもので今度は、俺が日本に帰るときに行きたい店が渋谷のタワレコになるんだよね。


20061214190819.jpg

漢字ブーム

アメリカではちょっとした漢字ブームである。タトゥーで漢字を入れてるヤツは結構いる。ちょっと走り屋気取りの車オタクも好んで漢字のステッカーを貼っている。

でもさ、「液体」ってナニ?

漢字ブーム

発売発表!

「モンスターズ」が(株)マグザムさんのサイトに登場。いよいよオフィシャルな発売発表です。RECOMMEND/おすすめのページから見れます!
http://www.maxam.jp/

バカウマ

ボンカレー


レトルトのボンカレー、最近食いました?
え!?ってぐらい美味いわ、これ。
ハマりそう・・・。

ニュー・ボンド

ダニエル・クレイグが新007を演じた「カジノ・ロワイヤル」を見に行ってきた。

歴代ボンドとはあまりにも違ったルックスに、大丈夫か?と心配していた007シリーズの大ファン、俺。

俺の不安は払拭されたぞ。映画的完成度もなかなか高いアクションムービーだ。40年近く続くシリーズの思い切った遺伝子治療的延命術は大成功と言えるんじゃないか。ブロッコリ・ファミリー、やるなぁ。

早くクレイグ=ボンドの続きが見たい!

配給

「モンスターズ」の日本配給が決まって有頂天な毎日。マグザムさんからいただくメールやFAXが楽しみでしょうがない。作品を大切に扱っていただいているのが本当に嬉しい。宣伝も力を入れてくださっている。

昨日はビデオ・インサイダーという業界紙に載るインタビュー原稿のFAXをいただいた。

前回の帰国中にインタビューを2つ仕込んでいただいた。俺、初のインタビュー。映画監督としての。

当然、マグザムさんの宣伝部の方々、業界紙の方々、ライターの方々、フォトグラファーの方々から「監督」と呼んでいただいた。

男一匹、小学3年生から映画監督を目指して、ただいま、齢33歳。
やっと「監督」と皆さんから呼んでいただけたるようになった。本当に嬉しくて、その夜は飲みながらちょっと泣きそうになったね。

マグザムさんには映画監督としての俺が「男にしてもらった」恩を感じてる。マジで一生、足を向けて寝ることは無いだろう。ありがとうございます!

昨日は、盟友で俳優の小坂正三くんと昼飯を喰ったんだけど、「蔵人さん!勝って兜の緒を締めよ、ですよ!」と喝を入れてもらった。日本配給が決まってよほどデレデレした面をしてたんだろう。こういうことを言ってくれる親友がいるのが嬉しい。
がんばろう。

さあ、次は北米配給だ。世界配給だ。

初ブログ!

ということで、コラム形式の更新からブログ形式の不定期更新に変わりました。これからも当サイトを宜しくお願いします。

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。