映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2003-01
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Behind You

2002年/USA/DV/Standard/カラー

 

出演:Kristina Koltai /
Keith Page
 
撮影:
 
Van Flesher
音楽:
 
Jyunpei Tsujimoto
脚本:Keach Hogan
 
 
 

 
A 3 minute short digital movie for Japan's "Yahoo! Broad-band" website. The project was produced as a promotional tool for DSL connections in Japan.




   
スポンサーサイト

@TV

2000年/日本/DV/Standard/カラー


 

Navigator:Naomi Takimoto
 
構成作家:
 
光武蔵人
 

 
アメリカ、ハリウッドを紹介する
ディレクTV、 ソニーVaio Netで 放送された
ロサンゼルス情報番組。
光武蔵人が構成作家としても 企画から携わった作品。光武蔵人が演出したエピソードでは
LAのマニアックなビデオ屋を始め、
射撃場、芸術大学などが 紹介されている。


【虚無】 Memento Mori

1998年/USA/Hi 8, 8mm, 16mm/スタンダード/カラー

出演:
永田絵麻
 
撮影:
 
光武蔵人 /
藤井秀剛
 
音楽:
 
Steven Mack

 
ダンサー・コリオグラファー永田絵麻の舞台を映像化したパフォーマンスビデオ。アメリカン・ダンス・フェスティバルのフィルム部門に入選を始め、IDATアリゾナ大学映画祭、アルゼンチン国際映画祭短編部門にも入選。
各フェスティバルでの上映で高い評価を受ける。



 

The Killer, The Wounded, and The Liar 【殺し屋と流血男と嘘つき】

1998/USA/16mm/Standard/カラー



出演:Charles Gilbert /
Loren Hughes /
光武蔵人
 
撮影:
 
Van Flesher
音楽:
 
Blaine Flewin
脚本:Astha Ameresekere /
光武蔵人
 
 

開店前の薄汚れたバー。
カウンターにいる2人の客。
サングラスの男と 多量の出血で 腹部をどす黒く染めている男。
そんなお互い見ず知らずの サングラスの男と流血男はひょんなきっかけで、 ある殺し屋のうわさ話を始める・・・。
そして2人の噂話はやがて思わぬ展開へと導いていくのだった。
噂の殺し屋は実在するのか?
謎が謎を呼ぶサスペンス・フィルム・ノアール。

 
関連記事
 
<記事1>
 
<記事2>
 
<記事3>






【無常刃】 MUJO-JIN

1995年/USA/16mm/Standard/モノクロ



出演:光武蔵人 /
元川益信 /
横山聖子
 
撮影:
 
Van Flesher
音楽:
 
Blaine Flewin
脚本:光武蔵人
 
 
 

 
江戸時代。
とある平和な藩。 剣の稽古に励んでいる2人の
若い侍、 竜之介と半兵衛。 そして美しい娘あざみ。
3人は誰もが羨むほどの 親友であった。しかし3人の関係は奇しくも 半兵衛とあざみが 恋に落ちた事によって崩れていく。そして、その2人の恋は 龍之介の心をも崩していった。






アートフィルム

「Gai-Gin」

San Francisco Art Instituteに在学中は、いわゆる芸術映画に傾倒していました。環境問題と思春期の感情を詩的に映像化した「A boy And The beach」(1992)や、生き物の生命が消える死の瞬間を映像に捉えようと試みた(ハエを捕まえ、グラスの中に閉じ込めて死ぬまで撮影しました)「Death」(1992)、ひとり暮らしの男(自分)の食生活をドキュメントした「Seven Dinner」(1992)などを8mmフィルムで制作しました。

Gai-Gin」(1993)は初の16mm映画です。高校からアメリカに留学した僕は、生まれて始めて「外国人」として扱われることを体験しました。その心情を日本にいる白人、「外人」に置き換えて映像化してみました。抽象的で解りにくい作品ですが今でもときどき見るほど気に入っています。

最近、プロモーションビデオを撮る機会があるのですが、どうもナレティブ(劇映画)ではないモノを演出するとSan Francisco Art Institute時代のアート精神が現れるようです。








 

 

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。