映画監督・光武蔵人のブログ&最新情報

2017-03
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師匠・岡本喜八監督

日本映画に目覚めてから、一番好きな映画監督は、岡本喜八監督になった。シリアスな作品も、コメディタッチの作品も、現代劇も時代劇も戦争映画も、監督の作品はみんな好きだった。なんでそんなに好きなのか解らなかった。とにかく岡本監督の作品は、全部大好きだった。

【写真】クリックで拡大

1997年の夏、ロサンゼルスで「The Outlaw Masters」という活劇日本映画特集が行われた。なんとゲストは岡本喜八監督だった!
当時大学院にいた僕は、この映画祭を協賛していた日本国際交流基金で夏休みのアルバイトをしていたのだが、局長に「岡本喜八監督の通訳をさせてください」と頼み込んだ。ノーギャラでいいのでお願いしますと詰め寄った。僕のヒーロー、岡本喜八監督に会えるのだ。もちろん手弁当でOKだ。
その結果僕は約1週間、岡本喜八監督とみね子夫人の通訳兼アテンドをさせていただいた。

監督とお会いして、なんで監督の映画が大好きなのかが解った。
最初、僕は監督に会ったとき、「先生」と呼んだ。監督は、ボソッと「俺、先生じゃないから」と答えた。
かっこよかった。むちゃくちゃかっこよかった。この粋な男気が岡本喜八監督作品には滲み出ていたのだ。
【写真】クリックで拡大この瞬間からだったと思う。
僕は岡本監督を師匠と決めた。監督の真似をしていつも黒い色眼鏡をかけるようになったのはこの後だった。

みね子夫人から監督のお葬式の後で伺った話がある。「監督の映画特集をやると女のトイレはガラガラで、男の方は列になるのよ」と。男は皆、監督の男気に憧れるのだ。

2005年2月19日、岡本喜八監督は映画の神様になった。
監督の遺した映画に焼きついた男気は永遠だ。これからもたくさんの人間を、世界中で魅了し続けていくに違いない。


岡本喜八監督フィルモグラフィー

  助太刀屋助六 (2001) 監督 /原作 /脚本
  EAST MEETS WEST (1995) 監督 /脚本
  大誘拐 RAINBOW KIDS (1991) 監督 /脚本
  太閤記 (1987) TVM> 監督
  ジャズ大名 (1986) 監督 /脚本
  近頃なぜかチャールストン (1981) 監督 /製作 /脚本
  英霊たちの応援歌/最後の早慶戦 (1979) 監督 /脚本
  ブルークリスマス (1978) 監督
  ダイナマイトどんどん (1978) 監督
  幽霊列車 (1978) TVM> 監督 /脚本
  姿三四郎 (1977) 監督 /脚本 /出演
  吶喊 (1975) 監督 /脚本
  青葉繁れる (1974) 監督 /脚本
  にっぽん三銃士 博多帯しめ一本どっこの巻 (1973) 監督 /脚本
  にっぽん三銃士 おさらば東京の巻 (1972) 監督 /脚本
  激動の昭和史 沖縄決戦 (1971) 監督
  座頭市と用心棒 (1970) 監督 /脚本
  赤毛 (1969) 監督 /脚本
  斬る (1968) 監督 /脚本
  肉弾 (1968) 監督 /脚本
  遊撃戦 (1968) TV> 監修
  殺人狂時代 (1967) 監督 /脚本
  日本のいちばん長い日 (1967) 監督
  大菩薩峠 (1966) 監督
  侍 (1965) 監督
  血と砂 (1965) 監督 /脚本
  ああ爆弾 (1964) 監督 /脚本
  戦国野郎 (1963) 監督 /脚本
  江分利満氏の優雅な生活 (1963) 監督
  どぶ鼠作戦 (1962) 監督 /脚本
  月給泥棒 (1962) 監督
  暗黒街の弾痕 (1961) 監督
  顔役暁に死す (1961) 監督
  地獄の饗宴 (1961) 監督
  独立愚連隊西へ (1960) 監督 /脚本
  暗黒街の対決 (1960) 監督
  大学の山賊たち (1960) 監督 /脚本
  独立愚連隊 (1959) 監督 /脚本
  暗黒街の顔役 (1959) 監督
  ある日わたしは (1959) 監督
  結婚のすべて (1958) 監督
  若い娘たち (1958) 監督

スポンサーサイト

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。